Python独学プログラミング勉強日記:10日目|配列からランダムな要素を出力する関数を作ってみた。

randomを使うとランダムな処理が実装出来るらしい。

import random
#配列からランダムな要素を出力する関数
def get_randamu_word(list):
# randam_num = 0
num_max = len(list)
randam_num = random.randint(0,num_max-1)
# print(randam_num)
out = type(randam_num)
print(“Debug:”,randam_num,out,list[randam_num])# デバック用のコード
out = list[randam_num]
return out

list = [“1″,”2”]
out = get_randamu_word(list)
print(out)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。