社畜として生きることは幸せなのか?死ぬ時、本当に100%後悔しませんか?

社内で仕事をしていると色々な人を見かけます。優秀な人、アホな人、特徴がない人、狂っている人、そして、社畜。

あなたは、どんな人ですか?

私は優秀な人間に憧れます。
有能な仲間と仲良くなりたいです。

でもね、優秀な人は往々にして
直ぐに離職する傾向があります。
(特にブラック企業では)

だって、優秀だから。
彼ら彼女らは、社畜と違い
短期離職も、あまり気にしません。
優秀な人は時間を気にします。

時間は失ったら二度と戻ってきません。
昨日のあの時間を返して欲しい。
そう願っても、その願いは聞き届けられません。

タイムマシーンが開発されれば
時間を取り戻すことが可能です。
しかし、それはSFの世界。
現実では有りません。

だから、時間って一番価値のある財産なんです。

いやいや、健康のほうが大事。
そんな意見をお持ちの人もいると思います。

確かに健康は重要です。
鬱や癌になったら、治療費だけでなく
回復まで時間がかかります。
でも、お金があれば解決できることが多いです。

一方、時間はどうでしょうか?
たとえば、30年間、社畜として働いて、病気になったとします。
で、治療に一千万円。

貯金が一千万円ある人はまだ幸せです。
しかし、そんな大金、普通の平凡な社員にはありません。
もし、あなたが、社畜として同じような人生を歩んだら

幸せですか?
後悔しませんか?

もっと、時間を大切にすれば良かったと後悔しませんか?
自分は社畜を10年以上継続して後悔しました。
だから、その後悔を本ブログで公開しようと思います。
ふつつかものですが、応援よろしくお願いします。

・PS
アホな上司の命令にしたがうよりも
大切なことってあるよね?

・今日のオススメの本

死ぬ瞬間の5つの後悔

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です