社内SEの裏話 システムエンジニアに求められる一番重要なスキルとは?

「社内SEにとって一番重要なスキルは何ですか?」

時々、こんな質問を頂くことがある。
そんな時は、こう答えるようにしています。
それは、

『問題解決能力です!』

一般的な、社内SEの求人内容は
XX年以上のITエンジニア経験が必須となっています。
しかし、そんなモノは不要です。

正直ね、社内SEとして働いてみて感じたのは
開発経験なんか関係ないということ。

優秀な人は、経験がなくても直ぐに順応します。
むしろ。下手に経験があると、問題になります。
くだらないプライドが一番の障害です。

経験則ですが、
経験ばかり自慢する人は、
殆ど使えない事が多いです。

A大学を首席で卒業しました。
ITパスポートを一発で合格しました。
どうでもいい。(ちょっと言いすぎ)

プログラミングスキルは、慣れれば誰でも向上します。
でも、問題解決能力は直には改善できません。
物事を論理的に考えて、相手に分かりやすく伝える能力は貴重です。
だから、社内SEになりたいなら、面接でアピールして下さい。

「問題を解決するのが得意です」

課題を一緒に解決させてください。
こんな事を言われたら、私は即答してしまうでしょう。

採用と!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。