名刺管理アプリを導入検討レビュー Eight vs Sansan |社内SEの裏話

本日は、現役社内SEが本気のレビューをします。
お題は、Eight vs Sansan です。

まずは、結論 、断然Eightです。

理由は、無料だから。


お金がある大企業以外は、eightだけで十分です。
中小企業はsansanを導入すべきではありません。
そんなお金があるなら社員に還元して下さい。
で、もし余剰金が出たら、地域の皆さんや恵まれない人に寄付して下さい。
終わり。

そもそも、このコロナ禍で名刺交換をする機会はほとんどないでしょう。
今後、世界から紙の名刺が激減すると思います。

・Sansanのメリット

同僚や部下が持っている名刺を閲覧する機能です。
でも、それって、そんなに重要でしょうか?
他人の人脈を活用したい営業マンは少なくないかもしれません。
しかし、それって、なくてもいい機能ですよね?

顧客情報を社内で共有すればいい話です。
現状、重要な情報が共有できていないのは、
システムより人の問題が大きいでしょう。

だから、まずSansanよりもルールを徹底する社風を作るのが先決です。
優先順位を謝ると、お金も時間も信頼も失いますので気をつけ下さい。
By 昨年Sansanを導入して失敗したSEより

また、Sansanの料金体系も気に入りません。
ライセンス料金が、非公開です。見積もりによって決定ってどういうことか?
一律XXX円と設定すればいいのに。
料金が、名刺の枚数によって変動するのは理解できますが、
なんか詐欺っぽくて気に入りません。

なお、EightからSansanに情報をインポートできるのに、その逆、
SansanからEightに情報をインポートできないってご存知でしたか?
色々制限が多いので個人的にはSansanはあまり好きではありません。
でも、会社の決まりなので、アプリはインストールしています。
ちなみに、緊急事態宣言後に、名刺交換をした枚数はゼロです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です