[仮想通貨]Validator(Node)の建て方 / MainNetやTestnet 【備忘録】

Nodeの建て方を直ぐ忘れるのでざっくりメモ

VPSを契約>Ubuntuのインストール>SSHで接続>Validatorの設定

VPSはどこを利用すれば良いのか?

安さ重視なら海外のContaboがオススメです。ただ、もちろん文章は全て英語なので英語が苦手な方はConohaもお薦めです。

Conoha VPS
https://www.conoha.jp/referral/?token=GeSVw81mURgzvC8WrjpDOjVE0rZO8ofLi8YK804FE3.KN30v_ok-JGE

※AWSは従量課金のサービスなので私は、ContaboとConohaを併用しています。

testnetでテストする時はconoha、メインネットで長時間運用する場合はContaboという運用をしています。

Ubuntuのインストール

VPSサーバー側で設定可能です。SSHのポート開放の設定をしましょう。

SSHで接続


Terterm のマクロを書くと大変便利です。

;================================ ; 接続情報 HOSTADDR = 'ContaboのIPアドレス' USERNAME = 'root' PASSWORD = 'パスワード' ;================================ ; コマンドオプション組立てオプション組立て COMMAND = HOSTADDR strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user=' strconcat COMMAND USERNAME strconcat COMMAND ' /passwd=' strconcat COMMAND PASSWORD ; 接続 connect COMMAND sendln 'cd' sendln 'ls' sendln 'curl localhost:26657/status' end
Code language: JavaScript (javascript)

Validatorの設定

ノードの建て方はPJによって設定方法が異なります。
インストール専用のスクリプトが用意されている場合もあります。

Munのノードの建て方
https://github.com/munblockchain/mun

Teritoriのノードの建て方
https://github.com/TERITORI/teritori-chain/blob/main/testnet/teritori-testnet-v2/README.md

SOURCE のノードの建て方
https://github.com/obajay/nodes-Guides/tree/main/Source

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。